療法士ならTwitterで絶対フォローすべき、すごい30人紹介します!


皆さんはSNSをされていますか?



多分Googleの検索表示の変更以降、私のブログのアクセスの半分くらいはTwitterからだと思います。


私はSNSのメインはTwitterを用いています。
(お陰でフォロワーさんが1250人を超えました。自分でもビックリです。)


そんな中で、


「この人のツイートは勉強になるな!」


という人がよくいらっしゃいます。



今回、私の独断と偏見でこの人はTwitterで是非フォローしといた方がいいですよ!って人を合計30人書いていきます。(多すぎ?笑)

今回は
・知識や技術の向上

・セラピストとしての生き方の参考に

この2点から紹介させていただきます。
(両方兼ね備えてる方も多いですが、私の独断と偏見なので、あしからずです。)





目指せスポーツドクター


ブログの見やすさもすごく、内容も盛りだくさんで、クオリティもすごいです。


普段のツイートも医師としての仕事内容や、論文・学会などについてなど整形外科医の仕事内容を除くことができ勉強になります。


ブログの内容はリハビリテーションについても記載してくれており、こうやってリハビリテーション職に信頼を置いてくれる医師のもとで働きたいな・・・と思います。


整形外科、スポーツ整形外科領域に関わるセラピストならフォローは必須です。

リハ虎NEWS



ご存じリハ虎さんです。


説明不要化とは思いますが、整形外科領域の理学療法や1つ1つの筋肉の解剖や作用に関しての記事もあります。


ツイートにもオリジナルのわかりやすい図をつけてくれており、そこら辺の教科書よりもよっぽどわかりやすいです。


ブロガーとしてのどのように記事をマネタイズするのかの参考にもさせていただいております。


一度お会いして話をしてみたいです。


↓リハ虎さんは書籍を出版されています。
ほんとにすごいと思います。

図解入門 よくわかる腰痛症の原因と治し方
中尾浩之
秀和システム
売り上げランキング: 243,543




小松洋介:セラピストの臨時教育を実践する


かの有名なbridgeの代表をされている小松さん。


セミナーでは脳卒中患者に対してのハンドリングや、姿勢分析、クリニカルリーズニング、摂食嚥下など非常に幅広い分野を扱っています


きっとすごく賢いに違いない。


セラピストとしての考え方、生き方についてもツイートしてくれており、見ていて勉強させて頂いています。


こういう人が協会で動いてくれたいいのに・・・と思ったりもしますが、平日も土日も全国を飛び回っているようです。


私もいつかセミナーを受けてみます!



吉田直紀~理学療法士~



セラピストが所属するスポーツトレーナーの団体としては一番有名といって過言ではないJARTA(ジャルタ)でも活躍されている吉田さん。


その他にもピラティスの資格を取得され、トータルボディメイクつくばではインソールの作成も行われています。


私の周りにいるJARTAのトレーナーはみなさんアツくて知識量も半端ないのですが、吉田さんもツイートやブログの内容は目から鱗ばかり。


オンラインサロンも手掛けており、なにから説明すればいいのかわからないくらい色々されています。


JARTAのトレーナーの知り合いに聞いても「吉田さんはマジですごいです!」とのこと。


つくばに行って、一度臨床見学させてもらいたいですね。



松山太士



POSTでマネージメントについてもインタビューを受けておられる松山さん。


人財のことや、経営のことなど上に立つセラピストはこんなことを勉強しないといけないんだな・・・といつも参考にしております。


100名規模のリハ室を統括するということがどれほど大変か・・・考えもつきませんがそんな中でスタッフの育成も進めれるのは誰もができることでないと思います。


大阪でもマネージメントについて講義してくれないのでしょうか?


こんな上司の元ならきっと人間としてもセラピストとしても成長できるんだろうなと思います。

Fujita


大阪では(最近は全国区かな?)とても有名なi.solution研究会の顧問をされているFujitaさん。


ここの研修会は何度か受講しているのですが、最新の知見を交えながらもそれをどう臨床に落としこんでいくのかを丁寧に教えてくれます。


ツイートではプライベートなことも交えながらもセラピストとして今後どのようにしていけばいいのかを考えさせられる内容が多く、いつも自分の顧みるいい機会になっています。


実際にお会いしても、本当に気さくでいい人で男前で面白い人です。


いつか一緒に飲みに行きたいとか思ってますが非常にお忙しいそうです。


陰ながら、応援させていただいております!

松井洸


すごーくわかりやすく難しい知識をツイートやブログで提供してくれます。


この肩関節のツイートもわかってはいても、こうやって言語化するのって本当に難しいと思うんですが、それをいとも簡単にされています。


きっと天才なのだと思います。笑


あとバンドマンのコンディショニングという新たなる境地にも挑戦中とのことですので、パフォーマンスアップ、スキルアップしたいバンドマンの方は松井さんのところまでお願いします。

rehaidea


脳卒中の診療をする際に絶対に見るべきなのは脳画像だと私は思います。


rehaideaさんはその分野の専門家です!


なぜ脳画像が大切なのか?


脳画像をどうやって臨床につなげるのか?


脳卒中の臨床に携わる方は絶対にフォローしておくべき人だと思います!

Hiroyuki Ebara

慢性痛のスペシャリストで、「痛み系理学療法士あるある」と題してさまざまな情報をツイートしてくれます。


外来フォローをするうえで慢性化された腰痛の患者さんなどは一度は遭遇すると思います



筋骨格の知識以外にも、心理学的・脳科学的な要因を知る必要があるということを
Ebaraさんから教えていただいたと思います。


痛みのことを深く知りたい人はフォローを!


たなはら


筋骨格系のクリニカルリーズニングの鬼とでも言いましょうか。


ブログを見ていると、まだまだ勉強しないとと思いますし、ツイート内容は納得すぎて
溜息をつきたくなります。


臨床推論の手順や考え方も、詳しくブログに書いてくれていますし解剖学のことも書いてくれています。


たなはらさんの脳みそを私のと取り換えて今の患者さんをみたらまた違う視点が見えそう・・・


杉浦良介【訪問PT


訪問リハにここまで特化したセラピストはSNS上を探してもそういないと思います。


私も少しの間、訪問リハをしていた経験がありますが病院で働いているときとはまた違うのはその人の生活を実際に見ることができるということ。


そこにやりがいも感じますが、難しさも感じ制度も医療保健とは違うので勉強することもいっぱいです。


その辺りのむずかしいこともTwitterやブログで書いてくれています!


これから在宅領域でのリハはますます重要になっていきます。


在宅で働く人も、在宅へ患者さんを送る人も要チェックです。

阿部洋輔(内向的な療法士ブロガー)


阿部さんは有名なプロブロガーのやぎぺーさんとも交流のある理学療法士さんです。



現在は介護保険施設で管理職をされており、様々なご活躍をされています。


そんな中でも、管理職目線の投稿や通所リハの質のことを書いてくれたりなど介護保険領域に関する内容は見ていて非常に勉強になります。


通所リハで働く人、施設の運営を行っている人はフォローは必須ではないでしょうか?


少しだけお話したことがありますが、とても好印象で気さくな人でした!

なかやま@2.0地方創生長野


現在進行中のプロジェクト、リハビリテーション2.0を企画し進行しているなかやまさん。


リハビリがうまくいかない要因がどこにあるのかを考えたときに、従来の環境ではいけないと思われ、このプロジェクトを発案したそうです。


詳しくは、なかやまさんのTwitterやブログにも書いてます。


その他にも経済のことや高齢者へのリハビリのことなど様々なツイートをしてくださります。


これからのリハビリテーションがどうなるのか気になる方は、フォローしてその目で見てみてください。

水田直道


ニューロリハビリテーションや脳卒中の歩行のことを専門とされている水田さん。


たぶんキャリアは僕よりも下のはずなんですが、学会発表しまくったり修士取りに行ったりなどアグレッシブなセラピストです。


ブログも非常に読んでいて勉強になるもので、最新の知見が得られます。


個人的に、こういう人が将来大学とかの先生になるんだろうな・・・と思っています。


宝塚の脳卒中の患者さんは、宝塚リハで診てもらえばよくなるんじゃないだろうか?

Nishi,PT,CSCS


CSCSを持たれているなどトレーナーに関しての知識を持たれながらも、ミラーニューロンやCPGなどの知識や、運動学習・スキルのことなど、何でもこの人に聞けば分かるんじゃないだろうか?と思えるジェネラリストなPTさんだとおもいます。


ブログ、ツイートすべて目から鱗の知識ばかりです。


こういう何でも、どんな分野でも知識や経験があるセラピストが、一番かっこいいし今後必要とされ、どの分野でも生き残っていけるんだと思います。


私もNishiさんみたいになりたいです。




西野英行


セラピストでブロガーというジャンルの先駆者。私の中でセラピストブロガーと言えばで思いつくのは前述のリハ虎さんと西野さんです。

最近は、セラピストの中の小さな経済圏を作る取り組みとしてArth(アース)というオンラインサロンを運営されています。

Arthの取り組みの1つが前述のリハビリテーション2.0になります。

私もその中の1人で、ここで紹介させていただいた方々にもArthのメンバーがたくさんいます。

それだけ多才なセラピストの集まりの統率を取ってくれている西野さんは本当に素敵ですので要チェックかと思います。



喜多一馬


喜多さんがほんとにすごいと思うのは、


・研究活動

・ブログ執筆

・セミナー講師および運営

・訪問リハビリのオンラインサロン運営

・起業に向けた講習会の開催

と思いつくだけでこれだけの活動の活動を全て同時進行されています。

いや、本当にただただ尊敬です。

どうやったらうまくタイムマネジメントできるのか教えて欲しいです。

そんな喜多さんは、セラピストのコミュニケーションが専門です。

ブログにもコミュニケーションの事が沢山書かれており非常に勉強になります。

皆さんも是非見てみてください!



あんどーさん 顔文字 三児のパパ

三児のパパでありながら、SSCというセミナー団体の代表もされているあんどーさん。


普通に働きながら、子育てしながら、セミナーの資料を作るのって絶対大変なんですよね。


ツイートは日常のことから、セミナー内容のことや、理学療法知識に関することまで様々で勉強させていただきながらもあんどーさんの日常も覗けるので面白い^ ^


この方もいったいどうやってタイムマネジメントしてるんだろうか・・・気になる。



KEITA@メディカルジャーニー

世界の医療を、旅しながら取材をされているKEITAさん。


最近はナミビアという国に行かれたそうで、他にも様々な国に行かれています。


セラピストなら一回はご覧になった事があるサイト「POST」にもコラム連載を持たれているそうです。


タイムラインでKEITAさんの海外の話を見てると、日本に居てのほほんとしてる自分小さいなーっと思います。


海外で活躍したい人は是非フォローしてみてください。



原谷和樹(ゴリポン)

最近、ブログを始められたゴリポンさん。


始められたばかりですが、すでにクオリティーは私よりも上かも


内容がまだ少ししかないですが、その内容は挫折した経験談が書かれています。


ここまで惜しげなく、体験談を書けるのはすごいと思います。


私なら自分の挫折なんか見栄はって書けません。


今悩んでいるPTさんや学生さんはゴリポンさんの奮闘記を見れば勇気が湧くと思います!



hamako

脳卒中の認定理学療法士を取得されており長下肢装具や高次脳機能についてもお話してくれたり、タイムマネジメントやロコモの事などすごく守備範囲が広いhamakoさん。


ブログでも、筋トレの事からパーキンソン病のことや臨床実習についてなどこれまた幅広いテーマで書いてくれています。


たぶん職場では、かなり出来る人のオーラが出てるんだろうなと勝手に想像しています。


中でもセラピストのキャリアデザインに力を入れておられますので、今後のキャリアを考えている方は是非ともフォローを!


fumiya@

fumiyaさんのキャリアは他の人とは一風違います。


一度理学療法士として就職したものの、そこから営業職に転職!



そこでの経験を経て再び理学療法士界に舞い戻ってきた方です。


介護保険の事や転職の事、ボーナスや退職金のことなどセラピストが結構疎いお金の事をいろいろ教えてくださります。


世の中を生きていく上でお金のことは間違いなく知っておいた方がいいです。


というわけで、セラピストの方はフォローしておきましようね。


やんやんまる

26歳と若い方なのですが、すでにマッケンジー法の認定セラピストやったり川平法もできたりインソールも作れたり、セミナーまで開催したりと実績ハンパないです。


こんな後輩がいたら末恐ろしすぎます。


普段の何気ないツイートで和ませてくれたり、頑張っている様子をツイートしてモチベーションを上げさせてくれたり。


刺激をうけたいセラピストは是非是非^ ^


PTくわえ

今は関東の方の大学で教鞭をとられているくわえ先生。


研究の手法やタスクの管理などについてブログを記載されています。


普段の業務に追われていて困っている方は、きっと我々よりも?激務をこなされているくわえ先生がどのように仕事をこなしているのかをツイッターで覗くことができますよ。


割と困っているセラピストは多いと思いますので是非フォローしてみてください(´ー`)


PMandR

理学療法士が出来る治療とは何か、医師と理学療法士が行う治療の違いは何かを考えたことはありませんか?


PMandRさんのツイートやブログはそこの真髄を追求しておられ、見ていてすごく勉強になりますし理学療法士としての仕事の尊さや重要性に気づくことが私は出来ました。


今は他職種連携の事に力をいれておられますので、これも理学療法士や作業療法士、言語聴覚士なら一度は悩んだことはあるはずです。


フォローしておくと必ず勉強になります。


福谷直人

ポケットセラピストというツールを使って、セラピストと利用者さんがチャットをして遠隔的に治療を行うという画期的な方法を発案された方です。


産業理学療法の革命児とでもいいましょうか

腰痛のエビデンスや経済の話など、ツイート全てが勉強になります。


株式会社バックテックのCEOもされており経営者目線での話を見ることができるので、起業を考えたりしてる人も見るとすごい勉強になると思います。

oboyuki-pt

スポーツの理学療法の事から、管理運営、企画などマルチな理学療法士のoboyukiさん。


凄く部下のことも考えておられ、所属先の運営のことも考えていて、それでいて自分の目標にも向き合っておられて、きっとこの人はめちゃくちゃアツくて仕事できる人なんだろなぁと感じます。



見ているだけで、自分ももっと色々やらないと!と気分が奮い立ちます^ ^


スポーツの理学療法に興味があり、かつ部下の多い方ならoboyukiさんのツイートはきっと共感できるかと思います。


後藤紀史:OT 作業療法士

前述した小松さんが代表をされているbridgeのメンバーの方です。

作業療法士とはどんな仕事なのか?
最近のツイートではOTが行う仕事や治療のことを深く言及されています。


後藤さんのようなOTさんと患者さんを共観できると毎日刺激的で勉強になるんでしょうね。


いつかツイートされていた、「セラピストも環境の一部であることを忘れてはいけない。」は名言だと思います。



楠村和也(かずぼー)

セラピストブロガーの中では今一番赤マル上昇中の方ではないでしょうか?



転倒予防というところに重点を置かれておりますが、ツイートやブログでは基礎知識やセラピストとしての心構え、オススメの物品やセミナーの紹介、転職活動などについて書かれています。


セラピストならとりあえずフォローしておけば、間違いないです。


ちなみアイコンのイラストがとてもチャーミングですが、これはちほさんというイラストレーターの方が作られました。


かずぼーさんがこのイラストにされてからちほさん作のイラストをよく見るようになった気がします。


SGM (理学療法士・戯作者)

たぶん凄く賢い方です。

そしてすごく面白い方です。

勉強のことや、政治のこと、何気ないニュースいろんなことをツイートされています。


ブログの中身は超濃厚。


こんなロジカルなものを見ると、私のブログはカトンボのようです。


がんのリハを専門にされているそうですので興味がある方、ない方もそれ以外のツイートやブログも読み応え十分なのでフォローをオススメします。





凄くたくさんの人を今回は紹介しました。


まだあと50人くらいは紹介したいのですが、これをまとめるだけで5日間はかかったのでご勘弁下さいませ。


基本、私がフォローしている方々は全員面白くてためになる方ばかりですのでよろしければご覧ください!


ついでに私の事もフォローしていただけますと幸いですm(_ _)m



クリックすると、ランキング投票になります。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

こちらももしよろしければ・・・


理学療法 ブログランキングへ
LINE@やってます!
ブログの更新情報・セミナー情報など配信します!
友だち追加